SNSで採用を成功に導く~ソーシャルリクルーティングのパートナーNavi » 採用に活用できる主なSNSの種類と得意分野 » Youtube

Youtube

YouTubeユーザーの傾向(年代、性別など)

YouTubeは世界的な動画共有サービスです。現在はGoogleのグルーブ会社として、全世界に20億人のアクティブユーザーを持ち、日本国内でも6,500万人が利用(2020年9月時点)。全世代での利用率は76.4%と非常に高く、テレビに代わるメディアとして広く認知されています。年代別では10代、20代の順に利用率が高く、いずれも90%以上の人が利用しており、30代も85.4%となっております。女性:73.0% 男性:79.7%、デジタルネイティブ世代は日常的にYouTube動画を視聴しています。

※利用者数の参照元:
・Google「月間6,500 万ユーザーを超えたYouTube、2020年の国内利用実態──テレビでの利用も2倍に」
https://www.profuture.co.jp/mk/column/15081) ・総務省「令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000708015.pdf

採用におけるYouTube活用のメリット・デメリット

メリット

デメリット

採用に活用する場合、どのような活用の仕方が向いているのか

Youtubeの一番の強みは、長尺の動画をしっかりと見せられる点です。動画の中で、企業理念や業務内容を説明したり、職場の雰囲気や社員インタビューを盛り込んだりすることで、入社後をイメージしやすくなりミスマッチの低減に役立ちます。ただし、動画が長すぎると逆効果で、最後まで見てもらえない可能性があります。動画ごとにテーマを決め、1本あたり5分程度にまとめるのが理想的です。
また、YouTubeでは動画の生配信も可能で、ユーザーからの質問をチャットでリアルタイムに受け付けることができます。会社説明会の質疑応答や、リクルーターにも活用できる便利な機能です。
YouTubeはチャンネル開設だけでなく、リクルートサイトへの動画埋め込みや、他SNSによるURL拡散と組み合わせて運用することで、大きな効果を発揮します。

採用におけるYouTubeの運用事例

採用におけるYouTubeの運用事例は見つかりませんでした

YouTubeの運用代行サービス(会社)

このサイトで取り上げているSNS運用代行サービス(会社)の中で、YouTubeの運用に対応しているサービス(会社)は以下となります。

まとめ

YouTubeは、10~20代で圧倒的な利用率を誇る動画配信プラットフォームです。新卒採用のシーンで活用が期待でき、企業メッセージや社風を的確に学生に伝えることで、採用のミスマッチ低減にもつながります。シナリオや編集によって個性を発揮しやすいのもYouTubeの特徴で、同業他社と差を付けたいと考えている企業の採用活動におすすめです。動画撮影や編集には時間とスキルが必要となりますが、これらはSNS運用のプロに代行してもらうことも可能です。

SNSの運用代行サービス(会社)を選ぶ際は、YouTubeに対応しているか否かだけでなく、あくまでも自社が採用で抱えている課題が解決できるかを見極めることが大切です。
TOPページでは、実績ある運用代行サービス(会社)を課題ごとに紹介しています。

他のSNSについてはこちらをチェック

実績のあるパートナーを選ぼう

SNSの活用を行うにあたってはそのSNSの仕様やアルゴリズムなど、さまざまな知識・ノウハウを駆使した戦略が必要となります。そのためSNS採用を検討される場合は、ここで紹介しているような実績を参考にしながら実力あるパートナーを選ぶようにましょう。

SNSで採用を成功に導く
ソーシャルリクルーティングの
パートナーNavi

採用に活用できるSNSの
種類別にみる得意分野

採用SNSを始めたい企業のための
課題・目的に合った運用代行サービス3選

SNS運用は採用活動にとって有効ですが、現状、採用に関して何等かの悩みを抱えている企業は多いはずです。
そこで、今ある課題やお悩みを解決できる「採用」のためのSNS運用代行サービスを紹介します。

ミスマッチ・応募者数など
採用課題を解決したい
社風に合った母集団増ベストマッチだけを獲得
エアリク
(株式会社リソースクリエイション)
エアリク公式サイトのキャプチャ

引用元:エアリク公式サイト
(https://sns-agency.rc-group.co.jp/)

なぜエアリクなのか

採用ブランディングに特化したチームが緻密にペルソナ分析&ターゲットに響く独自性ある記事を作成。社風に合致した人材獲得実績が豊富

エアリクに依頼するメリット
  • 社風に合致した母集団を増やし、自社にマッチした人材だけを採用可能
  • 戦略的なハッシュタグ設定で、広く潜在層にアプローチしファンを獲得
  • 自社の採用SNSの運用で2年間でエントリー数を6倍にした実績あり
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:8.3万人
  • 投稿:589件
  • いいね:10,219(直近10投稿の合計)

エアリクの
公式サイトへ

エアリクについて
電話で問い合わせる

広告・集客を含め
徹底的な採用活動をしたい
SNSマーケティングをはじめ運用代行の実績が豊富
Social Media Lab(株式会社ガイアックス)
Social Media Lab公式サイトのキャプチャ

引用元:Social Media Lab公式サイト
(https://gaiax-socialmedialab.jp/)

なぜSocial Media Labなのか

2009年からSNSマーケティングを開始し企業アカウントの運用代行は500社超の実績とノウハウを持つ。採用分野にも対応。

Social Media Labに依頼するメリット
  • 豊富なSNS運用代行から得たノウハウをニーズに合わせて提供
  • コンセプト設計やユーザー分析を通じて質の高いコンテンツを投稿
  • SNS広告やソーシャルリスニングなどニーズに合わせて対応
自社SNSの実績
自社Twitter(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:12,307人(2010年9月~)
  • 投稿:1.7万件
  • いいね:48(直近10投稿の合計)

SocialMediaLabの公式サイトへ

Social Media Labに
電話で問い合わせる

労力とコストを削減して
採用活動をしたい
サポートだけ一部だけの運用代行も可、コストを抑えてスタートできる
トラコム(トラコム株式会社)
トラコム公式サイトのキャプチャ

引用元:トラコム公式サイト
(https://www.tracom.co.jp/)

なぜトラコムなのか

FacebookなどのSNS運用代行が低価格からスタートできる。運用サポートだけのリーズナブルなプランもあり。

トラコムに依頼するメリット
  • 人材採用における豊富な取引実績で培った目線で企業の魅力を伝える
  • SNSの特性に合った運用方法の選定から提案
  • 定期的に効果を分析し投稿内容をブラッシュアップ
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:165人
  • 投稿:297件
  • いいね:41(直近10投稿の合計)

トラコムの
公式サイトへ

トラコムに
電話で問い合わせる

※選定条件
2022年1月5日時点で「SNS 採用」「SNS 採用 代行」でGoogle検索した際に上位50位までに表示されるサービス(企業)、または「企業名 SNS 代行」で月間検索数20以上のサービス(企業)名から採用分野に特化、または採用分野にも対応しているサービス(企業)を抽出。公式サイトから読み取れるサービス内容から、ニーズに合うサービス(表内「このサービス(企業)をおすすめする理由」参照)を選出しています。

運営会社情報