SNSで採用を成功に導く~ソーシャルリクルーティングのパートナーNavi » 採用に活用できる主なSNSの種類と得意分野 » Tiktok

Tiktok

TikTok採用とは

「TikTok採用」とは、SNSのひとつであるTikTokに動画を投稿することにより、企業の認知や求職者からの応募につなげようとする採用手法のことを言います。TikTokは動画に特化したSNSであり、その内容はエンタメ色が濃いものとなります。一見、採用には関係なさそうな内容だったとしても、その企業自体に興味を持つことによって採用につながる場合もあります。

TikTok採用を行う訳

では、ここでさまざまなSNSの月間アクティブユーザー数について見てみることにしましょう。

SNS名称 日本国内
アクティブユーザー数(MAU)
世界
アクティブユーザー数(MAU)
LINE 9,500万 1億9,900万
YouTube 7,000万 20億
X(Twitter) 4,500万 3億3,300万
Instagram 3,300万 10億
Facebook 2,600万 30億7,000万
TikTok 1,700万 10億

TikTokの特徴として、ファッションやコスメ、グルメ、音楽に関するトレンドの発信が行われたり誕生する場としても盛り上がっている点が挙げられます。今後はSNSの中心となる存在と考えられるため、10〜20代ユーザーの採用を行う場合に向いているといえるでしょう。

TikTokユーザーの傾向(年代、性別など)

TikTokは短尺動画の投稿アプリで、全世界で10億ユーザーを突破した人気サービスです。日本ではユーザーの半数以上が10代・20代のいわゆる「Z世代」で、TikTokから爆発的な流行となったワードや楽曲が近年メディアを席巻しています。利用者の割合は、20代:20.4%、30代:12.6%、女性:13.6% 男性:11.3%となっています。
TikTokのアプリ内には動画編集テンプレートやBGMがあらかじめ用意されており、だれでも気軽に動画作成できるのが特徴。YouTubeやInstagramとは異なり、ユーザーの趣味や好みをAIが分析して、おすすめの動画を次々と自動再生する強力なレコメンド機能があります。

※利用者数の参照元1:総務省「令和元年度情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書概要」
https://www.soumu.go.jp/main_content/000708015.pdf
※利用者数の参照元2:TikTok公式サイト(ニュース 2021年9月27日)
https://newsroom.tiktok.com/ja-jp/1-billion-people-on-tiktok-thank-you

採用におけるTikTok活用のメリット・デメリット

メリット

デメリット

採用に活用する場合、どのような活用の仕方が向いているのか

TikTokでは、ショートムービーならではのテンポのよさ、軽快さをアピールしやすいツールです。明るい職場の雰囲気を動画投稿することで、新たなファンの醸成にもつなげましょう。堅い会社紹介のムービーはTikTokの文化に馴染まず、社員同士の和気あいあいとしたやりとりや、普段は見られない現場の裏側、ベテランのあっと驚くような職人技など、楽しく意外性のある内容が好まれます。
知名度が低く、求職者に存在を知ってほしいという会社はもちろん、これまでの企業イメージを一掃してリブランディングを狙いたい会社にもおすすめです。

TikTokで採用動画を成功させるポイント

実際にTikTokの運営を始めようと考える場合には、やみくもに始めるのではなく、ポイントを押さえておくことが大切です。そこでここでは、TikTokで採用動画を成功させるためのポイントについてご紹介していきます。

トレンドを意識した投稿

TikTokで投稿する場合には、トレンドを意識した投稿を行うことがポイントのひとつです。そのためにも日ごろから積極的にトレンドとなっている動画を確認することにより、今流行っている音楽や投稿についてチェックし、参考にすると良いでしょう。

また、求職者に自社を覚えてもらうには、自社アカウントならではの要素についてもアピールすると効果的であるといえます。すなわち、トレンドに独自性を組み合わせた投稿を行うようにすると、たくさんの人の目に止まることが期待できます。

ギャップのある動画を作成

一般的には、会社に対しては硬いイメージを持っている人が多いのではないでしょうか。そのような中で、たとえば真面目そうな従業員が全力でダンスをしているなど、ギャップを感じられる内容の動画を作成することにより注目を集められるといえます。

TikTokで投稿を行う上で大切なことは、ユーザーに認知してもらい、興味を持ってもらうことです。採用活動でTikTokを活用する場合には、業務内容の説明を行ったり、会社のビジョンについて説明をしたくなりますが、そのような内容については導線を貼ってリンク先で説明することで対応ができます。

以上から、ユーザーが楽しんで視聴できる企画を意識することがおすすめです。

多くの社員を巻き込む

誰か一部の社員のみがTikTokに関わるのではなく、できるだけ多くの社員を巻き込むと良いでしょう。社員が一丸となって動画の制作に楽しく取り組んでいれば、良い雰囲気の会社であると認識してもらえるでしょう。

また年齢も問わず、若手社員からベテラン社員まで、一緒に動画制作に取り組めるような企画を考えることがおすすめです。このように、多くの社員が動画に登場すれば、企業のイメージを膨らませることができるでしょう。

採用関連のハッシュタグをつける

TikTokの投稿を行う際には、採用に関係するハッシュタグを入れることがおすすめです。このことにより、検索による流入も期待できます。

たとえば、「#企業」「#採用」「#会社紹介」「#社員紹介」「#転職」などのハッシュタグが考えられます。また、1つの投稿におけるハッシュタグの個数は3〜4つがおすすめ。ハッシュタグをつけすぎると、動画にかぶる形で表示されてしまうため注意が必要です。

採用におけるTikTokの運用事例

株式会社BEEM

株式会社BEEM公式アカウントキャプチャ"

引用元:株式会社BEEM公式アカウント(https://www.tiktok.com/@beem_official)

株式会社BEEMは、マーケティングや映像制作を主に行っている企業です。その中では、TikTokの運用や動画広告に加えて、動画制作スクールなどを手がけています。同社が運営しているTikTokでは、同社で働いているさまざまな社員を巻き込んだ動画が多く投稿されていることに加えて、トレンドの要素も盛り込んでいる点が特徴。ユーモアや楽しい雰囲気が感じられる動画がさまざまな人の関心を集めていることで、採用実績にも繋げられています。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

株式会社リンクロノヴァ(ながの社長)

株式会社リンクロノヴァキャプチャ

引用元:株式会社リンクロノヴァ公式アカウント(https://www.tiktok.com/@lincronova?lang=ja-JP%EF%BC%89)

2020年3月に宮城県仙台市で創業されたリンクロノヴァ。同社の「ながの社長」は、料理動画を積極的にTikTokに投稿することにより、1万人以上のフォロワーを獲得しています。また、TikTokと合わせてYoutubeの運営も行っているといったように、複数のSNSを活用。求人情報について投稿を行った際には、まだ募集しているか、といった質問が多く寄せられたとのこと。結果的に採用活動の成功に繋げられています。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

三陽工業株式会社

三陽工業株式会社公式アカウントキャプチャ

引用元:三陽工業株式会社公式アカウント(https://www.tiktok.com/@sanyoukougyou)

製造業に加えて、製造派遣事業を主に手がけている三陽工業株式会社の事例です。こちらのアカウントでは、中高年の2人の社員がさまざまな謎解きやクイズにチャレンジしていく、という構成になっています。

この2人は実は重要なポストに就いている人物なのですが、親しみやすさをうまくアピールできる内容となっていることに加え、「こんな会社で働いたい」と思わせるような動画の内容となっている点もポイントといえるでしょう。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

三洋商事株式会社(社長とゆかいな仲間たち)

三洋商事株式会社(社長とゆかいな仲間たち)公式アカウントキャプチャ

引用元:三洋商事株式会社(社長とゆかいな仲間たち)公式アカウント(https://www.tiktok.com/@sanyosyoji)

リサイクルや産業廃棄物の収集運搬および処理を行っている企業です。同社でもTikTokの運用を行っており、社員の日常をイメージした動画を多く投稿しています。その中には、ユーモアを取り入れたものが多い点も特徴のひとつといえるでしょう。

また、同社の社長が社員を巻き込みながら楽しく日常を送っていく、といった構成の動画も多く投稿されることから、「理想の上司像」をイメージしやすい内容となっている点もポイントといえます。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

三和交通株式会社

三和交通株式会社公式アカウントキャプチャ

引用元:三和交通株式会社公式アカウント(https://www.tiktok.com/@sanwakotsu)

全国で旅客運送業を手がけている三和交通は、社員によるダンス動画をTikTokに投稿することによって話題を集めました。さまざまな人が一生懸命にダンスに取り組んでいる姿が話題を呼んだ結果、「TikTok2021上半期トレンド」のクリエイター部門にノミネートされています。

同社では、もともと若年層の採用を増加させるためのプロモーション手段としてTikTokを導入しており、採用コストを抑えつつ多くの人材を採用することに繋げられています。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

全日本空輸株式会社(ANA)

ANA公式アカウントキャプチャ

引用元:引用元:ANA公式アカウント(https://www.tiktok.com/@ana_allnipponairways)

全日空(ANA)では、TikTokを会社のブランドアカウントとして運営するとともに、採用アカウントとしても活用しています。こちらのアカウントでは、社員が企画を行い、実際に動画に登場することによってさまざまな人にとって親近感が湧く内容となっている点が特徴となっています。

また、普段飛行機に乗る際には接する機会がない業務に従事する人も動画で紹介されるなど、興味が引かれる内容も多数あります。また、それぞれの職種の制服を紹介するなど、カジュアルな内容の投稿も行っています。

※参照元:京栄コンサルティング公式サイト(https://kyoei-consulting.com/column/saiyo-tiktok/#index_id12/

大京警備保障株式会社

大京警備保障株式会社公式アカウントキャプチャ

引用元:大京警備保障株式会社公式アカウント(https://www.tiktok.com/@dkykeibi_tokyo)

大京警備保障株式会社は、警備業を手がけている企業ですが、こちらの企業でもTikTokを活用しています。同社のアカウントの特徴は、たとえば社長や部長など、重要な役職の人がユーモアを感じられる動画を投稿している点です。 動画を見た人が「こんな面白い上司がいるといいな」と思えるような動画をたくさん投稿していることから、数多くのユーザーの目を引く内容となっています。

中には、直接求人募集の動画を投稿しているものもあります。このように、同社のTikTokでは積極的に採用活動を行い、実績につなげています。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

トゥモローゲート株式会社(ブラックな社長 西崎康平)

トゥモローゲート株式会社公式HPキャプチャ

引用元:トゥモローゲート株式会社(ブラックな社長 西崎康平)公式アカウント(https://www.tiktok.com/@koheinishizaki?lang=ja-JP)

企業ブランディングやデザインを扱っているトゥモローゲート株式会社。こちらの企業のTikTokアカウントでは、社長自らがさまざまなノウハウを語る動画を投稿しています。その内容は多岐にわたっている点が特徴。中には就職活動の対策やタスク管理のコツといったような内容もあり、フォロワー数を伸ばしています。

このように、たくさんの人が仕事を行う上で悩んでしまうような部分を解決する動画になっていることが、フォロワー数を増加させることができた理由のひとつと考えられます。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

冒険社プラコレ

:冒険社プラコレ公式アカウントキャプチャ"

引用元:冒険社プラコレ公式アカウント(https://www.tiktok.com/@placole_inc)

オリジナルドレスの販売等を行っている企業であるプラコレでは、TikTokだけでも4種類のアカウントの運用を行っています。その中のひとつである広報アカウントでは、従業員が登場する内容となっており、若手社員が働く様子などを投稿。動画を見ることにより、実際に自分が就職したときの働く姿をイメージできます。

また、コメントで丁寧なコミュニケーションを行っている点もポイント。ユーザが抱いている不安を取り除くことにつながっています。

※参照元:京栄コンサルティング公式サイト(https://kyoei-consulting.com/column/saiyo-tiktok/#index_id12/

焼鳥どん(焼鳥どん日垣兄弟)

焼鳥どん(焼鳥どん日垣兄弟)公式アカウントキャプチャ"

引用元:焼鳥どん(焼鳥どん日垣兄弟)公式アカウント(https://www.tiktok.com/@higakiyakitori)

炭火焼き串や鳥料理などを提供している焼鳥どん。都内で3つの店舗を展開している企業ですが、同社でもTikTokの運用を行っています。その内容は「飲食店あるある」となっており、多くの人から人気を集めています。

こちらの動画の特徴は、最終的には笑いにつなげる点。非常にクオリティの高い動画となっていることから、店舗の売上アップはもちろん、採用人数のアップにも寄与している点も注目しておきたいポイントです。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

ライソン株式会社

ライソン株式会社公式アカウントキャプチャ

引用元:ライソン株式会社公式アカウント(https://www.tiktok.com/@lithon_corp?lang=ja-JP)

家電やオーディオ、アウトドア製品の企画や販売を手がけているライソン株式会社の事例を紹介します。同社では、TikTokアカウントで料理動画を積極的に投稿することにより、多くの人の関心を集めています。

同社が投稿している動画は、社員同士がコミュニケーションを取りながら料理を作るという構成になっています。そのため、社内の雰囲気などを感じることができ、採用活動の成功にもつなげられています。

※参照元:epace公式サイト(https://e-pace.co.jp/column/tiktoksaiyou/

ロート製薬株式会社

ロート製薬株式会社公式アカウントキャプチャ

引用元:ロート製薬株式会社公式アカウント(https://www.tiktok.com/@rohtotiktok)

老舗製薬企業であるロート製薬でも、TikTokの公式アカウントを運用しています。こちらのアカウントは採用アカウントではないものの、ユーザー目線での対応が特徴であり参考にしたいアカウントとなっています。

たとえば、ユーザーから寄せられたコメントに丁寧に対応しているなど、コミュニケーションの場としてTikTokのアカウントを運営している点や、ユーザーが知りたいと感じる内容のコンテンツ設計などが行われている点はぜひ参考にしたいところです。

※参照元:京栄コンサルティング公式サイト(https://kyoei-consulting.com/column/saiyo-tiktok/#index_id12/

TikTokの運用代行サービス(会社)

このサイトで取り上げているSNS運用代行サービス(会社)の中で、TikTokの運用に対応しているサービス(会社)は以下となります。

まとめ

TikTokを採用に活用している企業はまだ少なく、競合他社との差別化をはかりやすいサービスです。それだけに、必勝法といえるノウハウもまだ十分に確立されていません。会社ごとに異なるブランドイメージや採用ターゲットを抱えながら、各社が試行錯誤している段階と言えるでしょう。もし、自社もTikTokを活用した採用に取り組みたい!と考えている場合には、SNS運用のコンサルティングができる会社と手を組むことをおすすめします。

SNSの運用代行サービス(会社)を選ぶ際は、TikTokに対応しているか否かだけでなく、あくまでも自社が採用で抱えている課題が解決できるかを見極めることが大切です。
TOPページでは、実績ある運用代行サービス(会社)を課題ごとに紹介しています。

他のSNSについてはこちらをチェック

実績のあるパートナーを選ぼう

SNSの活用を行うにあたってはそのSNSの仕様やアルゴリズムなど、さまざまな知識・ノウハウを駆使した戦略が必要となります。そのためSNS採用を検討される場合は、ここで紹介しているような実績を参考にしながら実力あるパートナーを選ぶようにましょう。

SNSで採用を成功に導く
ソーシャルリクルーティングの
パートナーNavi

採用に活用できるSNSの
種類別にみる得意分野

採用SNSを始めたい企業のための
課題・目的に合った運用代行サービス3選

SNS運用は採用活動にとって有効ですが、現状、採用に関して何等かの悩みを抱えている企業は多いはずです。
そこで、今ある課題やお悩みを解決できる「採用」のためのSNS運用代行サービスを紹介します。

ミスマッチ・応募者数など
採用課題を解決したい
社風に合った母集団増ベストマッチだけを獲得
エアリク
(株式会社リソースクリエイション)
エアリク公式サイトのキャプチャ

引用元:エアリク公式サイト
(https://sns-agency.rc-group.co.jp/)

なぜエアリクなのか

採用ブランディングに特化したチームが緻密にペルソナ分析&ターゲットに響く独自性ある記事を作成。社風に合致した人材獲得実績が豊富

エアリクに依頼するメリット
  • 社風に合致した母集団を増やし、自社にマッチした人材だけを採用可能
  • 戦略的なハッシュタグ設定で、広く潜在層にアプローチしファンを獲得
  • 自社の採用SNSの運用で2年間でエントリー数を6倍にした実績あり
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:8.3万人
  • 投稿:589件
  • いいね:10,219(直近10投稿の合計)

エアリクの
公式サイトへ

エアリクについて
電話で問い合わせる

広告・集客を含め
徹底的な採用活動をしたい
SNSマーケティングをはじめ運用代行の実績が豊富
Social Media Lab(株式会社ガイアックス)
Social Media Lab公式サイトのキャプチャ

引用元:Social Media Lab公式サイト
(https://gaiax-socialmedialab.jp/)

なぜSocial Media Labなのか

2009年からSNSマーケティングを開始し企業アカウントの運用代行は500社超の実績とノウハウを持つ。採用分野にも対応。

Social Media Labに依頼するメリット
  • 豊富なSNS運用代行から得たノウハウをニーズに合わせて提供
  • コンセプト設計やユーザー分析を通じて質の高いコンテンツを投稿
  • SNS広告やソーシャルリスニングなどニーズに合わせて対応
自社SNSの実績
自社Twitter(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:12,307人(2010年9月~)
  • 投稿:1.7万件
  • いいね:48(直近10投稿の合計)

SocialMediaLabの公式サイトへ

Social Media Labに
電話で問い合わせる

労力とコストを削減して
採用活動をしたい
サポートだけ一部だけの運用代行も可、コストを抑えてスタートできる
トラコム(トラコム株式会社)
トラコム公式サイトのキャプチャ

引用元:トラコム公式サイト
(https://www.tracom.co.jp/)

なぜトラコムなのか

FacebookなどのSNS運用代行が低価格からスタートできる。運用サポートだけのリーズナブルなプランもあり。

トラコムに依頼するメリット
  • 人材採用における豊富な取引実績で培った目線で企業の魅力を伝える
  • SNSの特性に合った運用方法の選定から提案
  • 定期的に効果を分析し投稿内容をブラッシュアップ
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:165人
  • 投稿:297件
  • いいね:41(直近10投稿の合計)

トラコムの
公式サイトへ

トラコムに
電話で問い合わせる

※選定条件
2022年1月5日時点で「SNS 採用」「SNS 採用 代行」でGoogle検索した際に上位50位までに表示されるサービス(企業)、または「企業名 SNS 代行」で月間検索数20以上のサービス(企業)名から採用分野に特化、または採用分野にも対応しているサービス(企業)を抽出。公式サイトから読み取れるサービス内容から、ニーズに合うサービス(表内「このサービス(企業)をおすすめする理由」参照)を選出しています。

運営会社情報