SNSで採用を成功に導く~ソーシャルリクルーティングのパートナーNavi » SNS採用の成功事例 » 介護業界のSNS採用(ソーシャルリクルーティング)事例

介護業界のSNS採用(ソーシャルリクルーティング)事例

厚生労働省の発表によると、2023年度の介護職の人材不足は22万人にのぼり、2025年度には32万人、2040年度には69万人にもなると考えられています。求人を出しても応募がない、という事態を減らすためにも、ソーシャルリクルーティングの事例から人材採用のポイントを見ていきましょう。

参照元:厚生労働省:介護人材確保に向けた取組(https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02977.html)

特別養護老人ホームいちご

特別養護老人ホームいちご公式HP画像

引用元:特別養護老人ホームいちご公式HP(http://seiseikai15.jp/)

ユニットケアで、利用者の個室と共同生活室での少人数交流で、人権を尊重し、活き活きと生活できる楽しい空間づくりを目指す特別養護老人ホームいちご。複数のSNSで情報を発信することで、利用したい人だけでなく、家族にも施設内の様子をわかりやすく伝えています。

運用SNSの成績

※2023年8月16日時点

特別養護老人ホームいちごのSNS採用戦略

もともとFacebookなどのSNSを利用していたが、職員の意見からinstagramへとメインのSNSを変更。最初からのテーマである「介護職のマイナスイメージの払拭」のほか、施設の様子がわかりやすいように利用者との活動についても投稿。

職員と利用者のいつも通りの様子が注目のきっかけとなったことから、自然体な写真投稿が多いです。

戦略として、いつも同じ時間帯に更新をするようにしており、転職希望者だけでなく、介護職に興味のある人も「今日の更新があるかもしれない」と気になって投稿を閲覧できるようにしているのもポイントです。

ひだまりグループ

ひだまりグループ公式HP画像

引用元:ひだまりグループ公式HP(https://hidamarigroup.com/)

利用者の未来はもちろん、働き手の「なりたい」を諦めない職場を目指すひだまりグループ。

介護施設の運営だけでなく、フィットネス実業団「セブンシーズ」で筋力トレーニングを行い、頑張る姿をSNSで投稿するなど、世界中の人々を励ましたいという理念のもと活躍しています。

運用SNSの成績

※2023年8月16日時点

ひだまりグループのSNS採用戦略

介護業界の人手不足もあり、会社の平均年齢も40代と高い状態から、ターゲット層を絞り込み、20代を中心に求人するためにFacebookからInstagramへ使用SNSを変更し、平均年齢を20代後半まで引き下げました。

投稿時間にも気を付け、転職したいと考えているターゲット層が何時ごろにスマートフォンを使用しているかを考え、通勤時間や休憩時間に目に入るように投稿。

また、スタッフの顔がわかる、会社にはどのような福利厚生があるのか、オリジナルの福利厚生である筋トレ時間も勤務時間に含むなどの魅力を伝えています。

面接のときにどのような意図で質問しているかを投稿内で紹介することで、転職後の働き方をイメージできるようにしているのも採用数を増やすひとつの戦略になっています。

実績のあるパートナーを選ぼう

SNSの活用を行うにあたってはそのSNSの仕様やアルゴリズムなど、さまざまな知識・ノウハウを駆使した戦略が必要となります。そのためSNS採用を検討される場合は、ここで紹介しているような実績を参考にしながら実力あるパートナーを選ぶようにましょう。

SNSで採用を成功に導く
ソーシャルリクルーティングの
パートナーNavi

採用SNSを始めたい企業のための
課題・目的に合った運用代行サービス3選

SNS運用は採用活動にとって有効ですが、現状、採用に関して何等かの悩みを抱えている企業は多いはずです。
そこで、今ある課題やお悩みを解決できる「採用」のためのSNS運用代行サービスを紹介します。

ミスマッチ・応募者数など
採用課題を解決したい
社風に合った母集団増ベストマッチだけを獲得
エアリク
(株式会社リソースクリエイション)
エアリク公式サイトのキャプチャ

引用元:エアリク公式サイト
(https://sns-agency.rc-group.co.jp/)

なぜエアリクなのか

採用ブランディングに特化したチームが緻密にペルソナ分析&ターゲットに響く独自性ある記事を作成。社風に合致した人材獲得実績が豊富

エアリクに依頼するメリット
  • 社風に合致した母集団を増やし、自社にマッチした人材だけを採用可能
  • 戦略的なハッシュタグ設定で、広く潜在層にアプローチしファンを獲得
  • 自社の採用SNSの運用で2年間でエントリー数を6倍にした実績あり
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:8.3万人
  • 投稿:589件
  • いいね:10,219(直近10投稿の合計)

エアリクの
公式サイトへ

エアリクについて
電話で問い合わせる

広告・集客を含め
徹底的な採用活動をしたい
SNSマーケティングをはじめ運用代行の実績が豊富
Social Media Lab(株式会社ガイアックス)
Social Media Lab公式サイトのキャプチャ

引用元:Social Media Lab公式サイト
(https://gaiax-socialmedialab.jp/)

なぜSocial Media Labなのか

2009年からSNSマーケティングを開始し企業アカウントの運用代行は500社超の実績とノウハウを持つ。採用分野にも対応。

Social Media Labに依頼するメリット
  • 豊富なSNS運用代行から得たノウハウをニーズに合わせて提供
  • コンセプト設計やユーザー分析を通じて質の高いコンテンツを投稿
  • SNS広告やソーシャルリスニングなどニーズに合わせて対応
自社SNSの実績
自社Twitter(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:12,307人(2010年9月~)
  • 投稿:1.7万件
  • いいね:48(直近10投稿の合計)

SocialMediaLabの公式サイトへ

Social Media Labに
電話で問い合わせる

労力とコストを削減して
採用活動をしたい
サポートだけ一部だけの運用代行も可、コストを抑えてスタートできる
トラコム(トラコム株式会社)
トラコム公式サイトのキャプチャ

引用元:トラコム公式サイト
(https://www.tracom.co.jp/)

なぜトラコムなのか

FacebookなどのSNS運用代行が低価格からスタートできる。運用サポートだけのリーズナブルなプランもあり。

トラコムに依頼するメリット
  • 人材採用における豊富な取引実績で培った目線で企業の魅力を伝える
  • SNSの特性に合った運用方法の選定から提案
  • 定期的に効果を分析し投稿内容をブラッシュアップ
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:165人
  • 投稿:297件
  • いいね:41(直近10投稿の合計)

トラコムの
公式サイトへ

トラコムに
電話で問い合わせる

※選定条件
2022年1月5日時点で「SNS 採用」「SNS 採用 代行」でGoogle検索した際に上位50位までに表示されるサービス(企業)、または「企業名 SNS 代行」で月間検索数20以上のサービス(企業)名から採用分野に特化、または採用分野にも対応しているサービス(企業)を抽出。公式サイトから読み取れるサービス内容から、ニーズに合うサービス(表内「このサービス(企業)をおすすめする理由」参照)を選出しています。

運営会社情報