SNSで採用を成功に導く~ソーシャルリクルーティングのパートナーNavi » ソーシャルリクルーティングの最適化 » ダイレクトリクルーティングとの連動

ダイレクトリクルーティングとの連動

ダイレクトリクルーティングとは

ダイレクトリクルーティングとは、求人サイトや人材紹介会社などを介さず、企業が求職者に直接アプローチする採用手法です。
人材データベースを持つサービスを利用する方法や、SNS活用、リファラル採用、自社サイトからの採用もダイレクトリクルーティングに含まれます。

ダイレクトリクルーティングのメリット・デメリット

メリット

多様な人材に出会える

ダイレクトリクルーティングでは、企業が人材データベースやSNSから人材を直接探し出します。転職市場に出ていない、人材会社からの紹介に含まれない人材を発掘してアプローチできるため、従来では出会えなかった多様な人材に出会うことができます。

採用後のミスマッチが少ない

自社で選んだ人材に対して、応募・選考・入社を一貫フォローすることができます。選考過程で候補者とコミュニケーションを深められるので、お互いにミスマッチが少なくなります。

自社で採用ノウハウを習得でき、採用力が高まる

自社で採用工程のすべてを行うため、PDCAを通じて採用ノウハウを蓄積することができます。採用活動の精度がアップし、自社の採用力強化につながります。

採用コストが抑えられる

求人媒体や人材紹介では、募集をかけるたびに費用が発生します。求めている人材から必ずしも応募があるとは限らず、採用に至るまでコストがかかります。その点、ダイレクトリクルーティングでは欲しい人材に直接アプローチできるため、無駄を省いてコストを抑えられます。

デメリット

作業負荷が大きい

採用工程のすべての業務を自社でまなかうため、プロセスを確立するまでは採用担当者に負荷がかかります。当分の間は従来のアウトソーシングも並行利用し、ダイレクトリクルーティングの定着を図りましょう。

プロセスの確立まで時間がかかる

従来の採用工程を変えて自社内でまかなうため、プロセスの確立には時間がかかります。長期的に取り組みを続けていく想定で準備しましょう。

運用に関する専門知識が必要

担当者には、ITやSNS運用の専門的な知識が求められます。サービスの選定はもちろん、Web上でどんな人材をどのように獲得するかといったマーケティング的な知識も必要でしょう。自社内の人員でまかないきれない場合は、運用代行サービスを利用することで工数やノウハウ不足を支援してくれます。

SNSと連動したダイレクトリクルーティング

Wantedly

Wantedlyは、企業と求職者によるビジネスSNSです。企業は「会社ページ」で求人記事を公開し、自由に編集したり記事を増やしたりすることができます。給与や待遇などの条件を記載することは禁止されていますので、自社の魅力や仕事のやりがいをアピールして、マッチする人材を獲得することになります。
ダイレクトスカウト機能では、Wantedly利用者のデータベースから気になる人材に直接メッセージを送ることができます。

LinkedIn

LinkedInは、実名・顔出し登録が基本のビジネス特化型SNSです。企業ページを作成して、そこに求人等の情報をアップするのが基本ですが、繋がっているユーザーが少ないと効果がありません。まずは社員のアカウントを企業ページに繋ぎ、どんな人が所属する企業なのかを周知するとともに、社員の知人や関係者へと、情報の届く範囲を徐々に広げていきましょう。
リクルーターライセンスを購入すると、法人はLinkedInのデータベースを利用して候補者の検索とスカウトを行うこともできます。

まとめ

ダイレクトリクルーティングは、自社に合った人材をピンポイントで採用できる手法ですが、プロセスを確立するまでには時間と運用コストがかかります。SNSの知識だけでなく、採用マーケティングの戦略的知見も求められるため、導入の際には運用代行会社をパートナーとすることも検討してみてはいかがでしょうか。


ソーシャルリクルーティングの効果最大化を図るためにこちらもチェック

実績のあるパートナーを選ぼう

SNSの活用を行うにあたってはそのSNSの仕様やアルゴリズムなど、さまざまな知識・ノウハウを駆使した戦略が必要となります。そのためSNS採用を検討される場合は、ここで紹介しているような実績を参考にしながら実力あるパートナーを選ぶようにましょう。

SNSで採用を成功に導く
ソーシャルリクルーティングの
パートナーNavi

ソーシャルリクルーティングを
最適化するには?

採用SNSを始めたい企業のための
課題・目的に合った運用代行サービス3選

SNS運用は採用活動にとって有効ですが、現状、採用に関して何等かの悩みを抱えている企業は多いはずです。
そこで、今ある課題やお悩みを解決できる「採用」のためのSNS運用代行サービスを紹介します。

ミスマッチ・応募者数など
採用課題を解決したい
社風に合った母集団増ベストマッチだけを獲得
エアリク
(株式会社リソースクリエイション)
エアリク公式サイトのキャプチャ

引用元:エアリク公式サイト
(https://sns-agency.rc-group.co.jp/)

なぜエアリクなのか

採用ブランディングに特化したチームが緻密にペルソナ分析&ターゲットに響く独自性ある記事を作成。社風に合致した人材獲得実績が豊富

エアリクに依頼するメリット
  • 社風に合致した母集団を増やし、自社にマッチした人材だけを採用可能
  • 戦略的なハッシュタグ設定で、広く潜在層にアプローチしファンを獲得
  • 自社の採用SNSの運用で2年間でエントリー数を6倍にした実績あり
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:8.3万人
  • 投稿:589件
  • いいね:10,219(直近10投稿の合計)

エアリクの
公式サイトへ

エアリクについて
電話で問い合わせる

広告・集客を含め
徹底的な採用活動をしたい
SNSマーケティングをはじめ運用代行の実績が豊富
Social Media Lab(株式会社ガイアックス)
Social Media Lab公式サイトのキャプチャ

引用元:Social Media Lab公式サイト
(https://gaiax-socialmedialab.jp/)

なぜSocial Media Labなのか

2009年からSNSマーケティングを開始し企業アカウントの運用代行は500社超の実績とノウハウを持つ。採用分野にも対応。

Social Media Labに依頼するメリット
  • 豊富なSNS運用代行から得たノウハウをニーズに合わせて提供
  • コンセプト設計やユーザー分析を通じて質の高いコンテンツを投稿
  • SNS広告やソーシャルリスニングなどニーズに合わせて対応
自社SNSの実績
自社Twitter(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:12,307人(2010年9月~)
  • 投稿:1.7万件
  • いいね:48(直近10投稿の合計)

SocialMediaLabの公式サイトへ

Social Media Labに
電話で問い合わせる

労力とコストを削減して
採用活動をしたい
サポートだけ一部だけの運用代行も可、コストを抑えてスタートできる
トラコム(トラコム株式会社)
トラコム公式サイトのキャプチャ

引用元:トラコム公式サイト
(https://www.tracom.co.jp/)

なぜトラコムなのか

FacebookなどのSNS運用代行が低価格からスタートできる。運用サポートだけのリーズナブルなプランもあり。

トラコムに依頼するメリット
  • 人材採用における豊富な取引実績で培った目線で企業の魅力を伝える
  • SNSの特性に合った運用方法の選定から提案
  • 定期的に効果を分析し投稿内容をブラッシュアップ
自社SNSの実績
自社Instagram(2023年5月21日時点)
  • フォロワー:165人
  • 投稿:297件
  • いいね:41(直近10投稿の合計)

トラコムの
公式サイトへ

トラコムに
電話で問い合わせる

※選定条件
2022年1月5日時点で「SNS 採用」「SNS 採用 代行」でGoogle検索した際に上位50位までに表示されるサービス(企業)、または「企業名 SNS 代行」で月間検索数20以上のサービス(企業)名から採用分野に特化、または採用分野にも対応しているサービス(企業)を抽出。公式サイトから読み取れるサービス内容から、ニーズに合うサービス(表内「このサービス(企業)をおすすめする理由」参照)を選出しています。

運営会社情報